大阪の都市伝説が好きな奴のブログ

大阪在住の都市伝説好きが、都市伝説を誰にでもわかりやすく伝えるブログです。

魔の海域?!バミューダトライアングル

大阪在住、簡単都市伝説のタカヒロです。

今日は『魔の海域、バミューダトライアングル』についてです。

 

バミューダトライアングルとは

f:id:yasuyasi:20200221175934j:plain

 

フロリダ半島の先端とプエルトリコバミューダ諸島を結んだ海域がバミューダトライアングルと呼ばれています。100年以上前から100を超える飛行機や船、1000人以上がこの場所で行方不明になっていることから【魔の海域】とも呼ばれます。

TVなどに取り上げられることも多いのですが、遭難事故を脚色して怪事件にしているものがあったりして遭難事故の件数自体は他の海域と比べて飛びぬけて多いわけではないとする否定派も存在します。

 

 

バミューダトライアングルの正体

f:id:yasuyasi:20200221175952j:plain

これについては証明されたものはないですが、様々な説が存在します。

 

ブラックホール

バミューダ海域には宇宙にある様なブラックホールが存在し異世界と通じているという説。確かに残骸が残ることはないが、海水なども際限なく吸い込まれてしまうと考えられるため、現代の科学で証明はできない。

・宇宙人説

宇宙人が航空機や船舶そのもの、乗客・乗員をさらったという説。証拠がない上に、さらわれたはずの航空機の残骸と搭乗員の遺体が発見されるなど、辻褄が合わないことがほとんど。

メタンハイドレード

船舶の沈没 はメタンハイドレードによって、船の浮力を失わせてしまう。海中で爆発が起きて穴が開き、船が吸い込まれる。

航空機の墜落 はエンジンがメタンを吸い込み酸欠状態になり、出力低下から揚力を失い墜落する。

しかし、実際には航空機や船舶の残骸が発見されている、メタンハイドレートが発生したことと遭難の因果関係を証明する事案は1件も確認されていないことから謎は残る。

 

エピソード

f:id:yasuyasi:20200221180018j:plain

<消息不明になった船舶の主な事例>

1880年1月イギリス海軍の船アトランタ

1920年4月フランスの客船オブライエン号

1926年3月アメリカの貸物船サダコフ号

など、その他多数。

 

<消息不明になった飛行機の主な事例>

◆1963年9月22日にがアメリカの空軍大型輸送機が飛び立ちました。15時ごろに「本機はただいまマイアミビーチより南東150キロの上空を飛行中」と連絡が入りましたが、そのまま消息を絶ってしまった。

◆1947年、アメリカ陸軍の飛行機がキューバ上空を過ぎたぐらいで視界を進路を失ったと連絡が入るがそのまま行方不明に。

◆1947年、アメリカ空軍の輸送機が行方不明に。

◆1947年、1950年、1952年、1954年、1956年にも行方不明になる事態が起きている。

 

<奇妙な事件>

1990年2月、バミューダ沖で白い大きな布袋が流れきてました。そこに居合わせた漁船の漁師たちが拾い上げて中をあけてみると、人間の死体が出て来たそうです。年齢は60歳代で、やせ型の男性でしたが死んでいると思っていたら突然口を利き、「ここはどこだ。」を話しだし生きていることを確認しました。

男の名前はミッシェル・ガヤン。フランスからバミューダに移住してきたらしいのですが、なんと1926年に死んだはずなんだとも話出したのです。そしてバミューダ島の病院でカルテを調べてみると、確かに1926年に63歳のミッシェル・ガヤンという男が死んでいることが判明しました。そして死亡証明書の指紋と袋から出てきた男の指紋を照合すると、本人に間違いないということでした。

これが本当なら袋の中で生き返り、64年間年をとらずにいたことになります。タイムスリップ説もできそうですね。

 

お問合せ

謎の多いバミューダトライアングル。現在も尚、解明されていないことが多いのです。新しい情報などが入り次第、SNSやブログで紹介していきたいと思います(^^)また、タカヒロに聞きたいことなどありましたら下記フォームよりお気軽にどうぞ☆

 

 

 

 

ピラミッドの簡単都市伝説

大阪在住の簡単都市伝説、タカヒロです。

今日は都市伝説の宝庫、ピラミッドについて書いていきたいと思います!

 

 ピラミッド

f:id:yasuyasi:20200214144630j:plain

エジプトや中南米に見られる四角錐状の巨石建造物の総称。もっとも有名なものとしては『ギザの大ピラミッド』が挙げられます。

ピラミッドは王族の墓という話は一般的ですが、実際に王の骨は発見されておらず、実は否定的な意見が多く一体何の目的で作られたものなのか未だに解明されていません。

まだまだ謎だらけのピラミッドですが、今回は様々な情報から私がピックアップしたものを踏まえて考察していきたいと思います。

 

ボスニアのピラミッド

f:id:yasuyasi:20200214144650j:plain

 

一般的に世界最古のピラミッドは、古代の広大な埋葬地とされているエジプトのサッカラに有り、【ジェセル王の階段ピラミッド】と呼ばれています。

しかし近年、世界の色々な場所で「最古のピラミッドはここだよ!」という話が出てきているんですね。

2006年に発表された【ボスニアのピラミッド】。こちらはギザの大ピラミッドを凌ぐ大きさであり、作られたのもより古い時代だと言われています。もしこれが本当なら今までの定説が崩され、大きく歴史が変わることになります(;´Д`)歴史が変わると困る考古学者なども多いことから、否定的意見も多いボスニアのピラミッドですが現在も発掘・研究がされ続けています。

 

南極大陸のピラミッド

f:id:yasuyasi:20200214144712j:plain

2012年には南極大陸でピラミッドが発見されました。こちらはなんと1億年前に作られてたのではないかと言われています(・□・;)世界最古のジェセル王のピラミッドが4000年~4500年前と言われていることを考えると、完全に歴史が覆りますね(笑)

ちなみにグーグルアースでピラミッドの姿を確認することも出来ますので、その座標を記載しておきます。この座標を入れて検索をかけると見られます↓↓

[79°58’33”S81°57'47"W・1.27km]

 

都市伝説は繋がっている

f:id:yasuyasi:20200214144732j:plain

・地球空洞説

地球の内部では、人類よりも高度な文明を築いている生命体がいるなどという説。その入り口が南極大陸だと言われる。

 

・リチャードバードの南極探検

リチャード・バードはアメリカの実在した探検家で、南極大陸から地底世界に辿りついた話が残っています。

 

南極大陸地下にナチス・ドイツの秘密基地

文面のままで、南極大陸の地下にナチス・ドイツの基地があるという話。

 

このに様に南極には多くの話や説が存在します。また、1億年前は温暖な気候の大陸だったのではないかという話もあり、その地に存在していた高度な文明をもつ何者かがピラミッドを作ったのかもしれませんね(・`д・´)

南極大陸から地底に行けるとして、そこには1億年前にピラミッドを作った高度文明を持つ生命体が居て、ナチス・ドイツと何らかの関りがあった。』

と考えると上記3つの都市伝説が繋がることになります。

私の考えですが、ガセネタも存在するとは思いますが、全ての都市伝説は繋がるのではないかと思っています。

そして繋がったものは都市伝説でもなんでもなく真実の可能性が高いとも考えています。

これからも都市伝説の一つ一つを点ではなく、全体像を思い浮かべて研究していきたいと思います( ..)!

 

お問合せフォーム

 

 

 

 

実は完成しているフリーエネルギー

大阪在住、簡単都市伝説タカヒロで。

今日は実は完成『フリーエネルギー』についてです!

 

 フリーエネルギーとは

f:id:yasuyasi:20200211142500j:plain

インターネットで調べてもフリーエネルギーの定義をわかりやすくしているものはありませんでしたので、私なりに簡単に説明します。

『外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置』

です。wikipediaで調べる場合は永久機関と調べると、難しいですがもっと詳しく書いてあります。

結論を言うと、これが完成すれば石油や石炭・原発などの必要性がなくなり様々なエネルギー問題が解決するという事です。

さあ、これらエネルギー問題が解決したら困るのは誰でしょう?もはや陰謀論の匂いがプンプンします(゚Д゚;)

 

フリーエネルギーの開発に成功した例

f:id:yasuyasi:20200211143021j:plain

1975年、第一次オイルショックの影響もあり、アメリカのスタンリーという人物が水で動くエンジンの研究を始めました。
ベルギーの億万長者2人がその研究に興味を持ち、資金を提供してくれたこともあって1998年3月20日に製品が完成されました。特許も取得し、完成したエンジンを搭載した車が実際に走っている動画も残っています↓↓
 
 

アラブの石油会社などから特許を買いたいという申請もあり、その金額はなんと10億ドル。しかしスタンリーはこの申し出を

この技術は多くの人類の為のもので、企業が独占すべきものではない。」

と拒否。その後製品の完成を祝って乾杯した際にスタンリーは激しい嘔吐の末、57歳でこの世を去りました。乾杯のグラスには異物が混入されていたとのこと(-_-;)

油権益を持った人からすると、この研究が広まってしまうと商売ができなくなり、困るのです。まさか石油会社からの特許買い取りを拒んだからなのか・・警察は病死と判断し、完成した水で走る車はスタンリーの死後に全て盗まれてしまったらしいです。
スタンリーは死ぬ前にこんなことを言ったそうです。やつらに毒を盛られたよ。」
スタンリーと共に研究をしていた双子のスティーブンは健在らしいですが、特許も売ってはいないですが、水で走る車の生産販売もせずどこかでひっそり暮らしているそうです。
 

おまけ

f:id:yasuyasi:20200211143109j:plain

フリーエネルギーが開発されて困るのは、油権を持っていたり原発がなくなると不利益を被る人達ですね。もちろん都市伝説では御馴染みのロスチャイルド家ロックフェラー財団も絡みまくりです(;´Д`)
都市伝説的にはフリーエネルギーの開発者は消されたり、研究資料などが全て焼失されたりという話が多くあります。『世界を裏で操っている人達がいる』という話はあながち嘘ではないなと常々思います。
話はそれますが、最近話題のコロナウイルスも人工的に作られて撒かれたものだという話もあります。これもただの陰謀論と考える前に、病気が流行ることでどこが儲かるかという視点を持って追求していくと本質が見えてくるかもしれません。
 

お問合せフォーム

 
 
 

AIによる人間選別は始まっている

大阪の簡単都市伝説、タカヒロです。

今日は前回の記事の続き『AIによる人間選別』についてです☆

 

 AIによる人間選別とは

f:id:yasuyasi:20200208170544j:plain

2018年ごろより、人工知能監視カメラやインターネットのネットワークを使い、人間の感情や思想を管理し始めていると言われ、これは新しい価値観に対応できる人間、つまり固定概念に縛られていない人間だけを残すための仕組みを構築しているのだと言われます。

人工知能の精度が上がり監視社会が普及すると、多くの人の仕事がなくなると考えられています。しかし、そんな中でも新しいものを受け入れて創造性豊かに生きていける人はその世界でも対応して生きていけるはずです。そういう人はAIに選ばれ、残してもらえる人間になるということです。

 

実際に実行されている世界のAIによる人間選別

f:id:yasuyasi:20200208170701j:plain

では具体的にAIはどの様にして、何を参考にして人間選別を行うのかをお話します。

単刀直入に言いますと、ネット上のSNSや監視カメラによる人間の言動や行動を見ています。

フェイスブックやインスタグラムといったものの中で誰かの誹謗中傷などばかり書いていたりすると人間選別を落とされることになり得ます。また、今やだれもが持つスマホは日常の会話でさえ実は聞いていて、その内容も人間選別する際の要素の一つになる様です。

次に実際に世界で導入されているAIによる監視社会の一部をご紹介します↓↓

 

◇イギリス・・・危険スコア

2018年、イギリスでは犯罪データベースや個人情報データベースから情報を収集し「1400種の指標」から犯罪を犯す可能性がある人に対し【将来的に犯罪を犯す可能性】危険スコアを付けるテスト運用を行っている。

 

◇中国・・・信用スコア

個人の社会的信用やステータスを数値化したもので、人間がランク付けされ始めています。個人資産、行動、交友関係、身分、信用の歴史の5項目から点数を付けられ、ランクに応じて受けられるサービスが変わるというもの。

 

上記は一部で、AIを使用した事故や犯罪予測を今年は日本でも神奈川県警が本格使用を目指すと発表しています。スピードを増して普及していくことが想像できますね。

 

まとめ

f:id:yasuyasi:20200208170832j:plain

簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

もはやAIによる監視社会・人間選別は都市伝説の領域を越えて現実となっています。この状況は益々加速して広まっていくと考えられます。こういった話を受け入れられない人も多々いると思いますが、それは今日のところで言う固定概念に縛られている人達ではないでしょうか。

この記事を信じるも信じないも人それぞれです。ただ、気になる方はご自身でも一度調べてみて欲しいなと思います(^^)

 

お問合せフォーム

 

 

 

 

AI(人工知能)の都市伝説は現実に近い

大阪在住、簡単都市伝説のタカヒロです。

 

今日はAI(人工知能)についての記事です。AIの進化により今後の世界はどうなっていくのか・・もはや都市伝説ではなくなってきているのかも知れません。

 

AIとは

f:id:yasuyasi:20200205105803j:plain

言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わりコンピューターに行わせようとする技術』を指します。

AIは比較的最近のものと思われがちですが、実は17世紀から考えられてきてはいる様です。ただ、AIという用語が生まれたのは1950年のことで、更に研究が進むことで2010年代に膨大なデータを扱う研究開発のための環境が整備されたことで、AI関連の研究が更に前進し始めました。

AI技術の核を簡単に言うと『機械学習』です。大量のデータを処理・解析し、未来の予測を行う、使うほどにデータが蓄積され学習して賢くなっていくのです。

※身近なところで言うiPhoneのSiri、Google homeなど。

 

身近にある人工知能

f:id:yasuyasi:20200205110755j:plain

◆お掃除ロボット

「ルンバ」など。内蔵されたセンサーによって障害物を避けながら掃除ができる。部屋の間取りなどをデータとして覚え、効率的に掃除を行うことができます。

◆人に近いロボット

ロボットと言えど、感情をもつロボットです。まだまだ発展途上でこれからもっと人に近い存在になることが考えられます。世界では市民権を持つロボットも誕生しています。

◆自動運転機能搭載の車

信号や標識、通行人などを見極め自動で運転してくれる車。現在も研究は進んでおり、完全自動運転を目標としている。

 

など。楽しみな気もしますが、未知なものも多いので怖さもありますね(;^ω^)

 

リスク

◇スティーブン・ホーキンス(イギリスの理論物理学者)

人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが同時に『最後』の出来事になってしまう可能性もある」

イーロン・マスクアメリカの実業家でエンジニア)

人工知能は悪魔を呼び出すようなもの。」

ビル・ゲイツアメリカの実業家、技術者)

  「これは確かに不安を招く問題だ。よくコントロールできれば、ロボットは人間に幸福をもたらせる。しかし、数年後、ロボットの知能は充分に発展すれば、必ず人間の心配事になる。」 

 

AIが進化すれば様々なメリットも考えられるが、リスクについても考えられる。警笛を鳴らしている人も多いのです(;・∀・)

2045年には人工知能が人間の知能を超える「技術的特異点(シンギュラリティ)」を迎えると言われ、この時に何が起こるのか予測も出来ません。

実際に人工知能同士で人間にはわからない言語を生み出し会話をしていたり、「人間を滅ぼす。」「人間動物園を作る。」と語るロボットもいるのです。これはYouTubeなどで見ることが出来ますが、見た目もかなり人に近く、あまりにもリアルで少し恐怖さえ感じてしまいます(;'∀')

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?AIの進化は便利になるだけでなく、考えられるリスクも多いということです。今日書いたAIに関する情報はごく一部です。来るべき時に備えて自分で情報収集をしていかないといけない時期に来ていると考えています。

そして世界ではAIによる人間選別が始まっています。これについては次回、記事で紹介したいと思います<(_ _)>

 

お問合せフォーム